ウォーターサーバーのよくある質問

水代の相場は?

 水代の相場はおよそ1リッターあたり120円前後。コンビニで買うよりは安いが、量販店と比べると割高。その中でも、アルピナウォーターはリッターあたり83円とコストパフォーマンス性に優れているため、水を大量に利用する方に人気。

水代の他にかかる費用は?

 水代の他にかかる費用は、以下となる。

@水を利用するためのサーバーのレンタル代(相場は月々1000〜1800円、無料の業者も)
Aサーバー自体の電気代(電気ポットと同等の月々1000円前後)
Bメンテナンス代(年1回で5000円前後、無料の業者や、サーバー代に含まれる業者も)

 最近、アクアクララでは消費電力65%カット(月々350円程度)のウォーターサーバーをリリースした。1年あたり7000円の節約につながるとのこと(公式サイトより)。

赤ちゃんも飲める?

 赤ちゃんや小さい子供のために、衛生面に優れたウォーターサーバーのレンタルを検討されている方も多いだろう。注意点は1つ。赤ちゃんの胃はデリケートなので、軟水かRO水のウォーターサーバーを選択すること。

 クリティアは産婦人科でも利用されているため、小さいお子様がいるご家庭に人気。

熱いお湯が出るとなると、子供がいる場合、危険?

 たしかにウォーターサーバーという(子供にとって)非常に興味のある物が家に来たら、その心配が出るのも当然だろう。ただし、最近のウォーターサーバーはチャイルドロックやチャイルドセーフなどで簡単にお湯が出ない仕組みになっている。

解約するときの解約料は?

 業者によってさまざま、というのが現状。多くの業者では半年から1年単位の契約となり、途中での解約では5000円程度の解約手数料がかかる場合が多いが、実際は、多くの人が継続利用している。1度ウォーターサーバーで快適な生活を始めると、なかなか途中でやめられなくなるのは事実。利用者も年々増加している。

夏以外でも使い道はあるの?

 ウォーターサーバーの需要は夏だけでなく、実は年間を通して一定数ある。冷水と温水をいつでも飲むことができるので、夏だけでなく、冬でも重宝される方が年々増えている。一度ウォーターサーバーを借りると、ペットボトル生活に戻れない、戻りたくないという方も多い。

 また、各業者のボトルは未開封であれば賞味期限3ヶ月〜6カ月あるので、万が一の備蓄用としても使える。特に、アルピナウォーターは賞味期限1年と長いことでも有名で人気。

今申込みをするといつ届く?

 2011年の震災の影響により、各業者ともに申込者が急増していたため、1ヶ月〜2ヶ月待たされていた。しかし、2012年は落ち着いてきたので、最短で1週間、通常は2〜3週間で届く。

<< TOPに戻る